イメージもあって

快適生活オンラインで紹介されているおせちは俳優の梅宮辰夫さんの写真が一緒に写っています。
梅宮さんといえば、なかなかのグルメというイメージがあります。
美味しいものをいろいろと知っているというだけでなく、ご本人もお料理が上手なようですね。

 

不思議なことに俳優さんということはわかっていても、梅宮さんが白い料理人が着る作業着を着て厨房に立つとなぜかとてもサマになっていると思います。
刺身包丁なんぞを研いでいたりすると、おお、さすがだと自然に関心してしまいます。

 

そういうイメージのある人が一緒に写真に写っていたりすると、紹介されているおせちもなんだか本格的・絶対美味しいだろうと思うから不思議です。
もちろん有名人が自分のイメージを商品の宣伝に使うことに同意したということは、商品にそれなりの信頼があるのだろうというこtも考えられます。
どれを買おうかな、と迷ったらよく知っている人が宣伝しているとかいうこともその商品を選ぶ理由のひとつになります。

 

和洋のメニューがバランスよく詰められているので、和風がいい・洋風がいいというどちらの人にも満足できるものだと思います。
しかもおめでたいいわれのある料理も伝統的なスタイルから洋風にアレンジされていたりして感心するのです。

 

それにしてもこういうおせち料理のカタログやネットの写真は本当にきれいです。
お料理のひとつひとつも美味しそうだし、やっぱり素人の自己流ではこうはいかないものだろうなと予想できます。
お酒のアテになりそうなものから「これでご飯を食べるとしたらお箸がすすむなあ」と思うようなおかず系までたくさんです。

 

見ているだけでおなかがすきそうです。

 

快適生活 おせち